子供用に空気伝導イヤホン(イヤーカフ)を購入!音漏れする?デメリットは?【口コミ】

当ページのリンクには一部広告が含まれています
子供用イヤホン 空気伝導イヤホン 口コミ

子供のタブレット用にイヤホンが欲しいな〜

りこ

旅行の移動時に使いたくて、空気伝導イヤホンを買ってみたからレビューするね!

子供用のイヤホン・ヘッドホンを色々探して、空気伝導のイヤーカフ型イヤホン(OWSイヤホン)を購入してみました。

空気伝導イヤーカフを選んだ理由
  • 親の声も聞こえる
  • 耳が痛くなりにくい
  • 持ち運びしやすい
  • 耳に優しい

普通のイヤホンだと耳に入れるのを気持ち悪がったり、痛くなったりするかな〜と思い、ヘッドホンを探しましたがヘッドホンって結構荷物になりますよね…。

親の声が届いた方がいいし、周りの音が聞こえないと本人も大声で話して周りに迷惑をかけそうなので次に骨伝導イヤホンを探しました。

骨伝導イヤホンを探している時に見つけたのがイヤーカフ型のイヤホン!

コンパクトだし、耳を塞がないから周りの音も聞こえる。条件にピッタリでした。

骨伝導イヤホンは振動があるから違和感を感じる人もいるらしい

イヤーカフ型のイヤホンで1番有名なのはambie(アンビー)ですが、ちょっと高いので今回はAmazonで上位にありレビューもそこそこ良かったKeypalの物を買ってみました。

正直にレビューします。

ちなみに音にはこだわっていませんので良い音のイヤホンを探している方の参考にはなりません。ごめんなさい!

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
タップできるもくじ

空気伝導イヤホンってなに?

空気伝導イヤホンは、簡単に言うと耳に小さなスピーカーをつけるような感じです。

耳元で音を出して、空気を伝って音が聞こえます。

骨伝導は頭蓋骨に振動を与え、内耳に音を伝えるので音の伝え方が全然違います。

空気伝導イヤホンなら骨伝導イヤホンの振動感や圧迫感がありません。

その代わり音漏れについては他のどのイヤホンよりもしやすいです。

Keypal i20 OWSイヤーカフ型イヤホンのスペックや口コミ

空気伝導イヤホン 口コミ
日本語がちょっとおかしい
本体と取説と充電コード

スペックは以下の通り。

Bluetooth規格5.3
Bluetooth接続距離10m
再生時間5時間(70%音量)
イヤホン+ケースの再生時間30時間
イヤホンの充電時間2時間
片耳重量5g
防水性能IPX5
充電タイプType-C
マイク有り
保証1年

重さについてはAirPods Proと同じ5g。耳に挟んで使いますが重いな〜とは感じません。

イヤーカフ型は初めてでしたが、頭を振っても落ちることはないですし、挟んでる箇所も痛くありませんでした。

ペアリングもとても簡単でした。

聞いたことのないメーカーですし中国製ですが、日本語対応しており困ったことはありませんでした。

空気伝導イヤホンKeypal i20は音漏れする?デメリットは?

実際に利用して分かったデメリットは以下の通り。

  • 音漏れする
  • マルチボタンの感度が良すぎる

音漏れする

早速息子につけてもらって、動画を見てもらいました。

横に座ってみるとやっぱり微かに音は聞こえますね。構造上仕方ないですし分かっていたことので想定内です。

電車での移動時に使う予定ですが、周りに迷惑をかけるほどではありません。

マルチボタンの感度が良すぎる

つけるとちょうど耳の裏あたりにマルチボタンがあります。

タッチセンサーなのですが、これの感度が良すぎます。笑

ちょっと手が触れると一時停止してしまうので注意が必要です。

マルチボタンは電源のオンオフだけでなく、音量の変更や曲のスキップ、電話応答などができますがこれらの機能を実際使う時は慣れるまで難しそうだな〜と感じました。

今回は子供用でマルチボタンは特に使いませんので問題はありません。

空気伝導イヤホンKeypal i20のメリットは?

メリットは以下の通り。

  • 耳を塞がない(耳のトラブル予防)
  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • 耳のサイズを気にしなくていい

耳を塞がない(耳のトラブル予防)

オンライン授業等で子供もイヤホンを使うようになり、トラブルが増えているそうです。

そのトラブルが「外耳炎」と「音響性聴覚障害」。

外耳炎…大きすぎるイヤホンを無理矢理入れたりすると耳の中に傷がつき炎症をおこす
音響性聴覚障害…大きな音にさらされ続けることで聴力が低下してしまう

空気伝導イヤホンは鼓膜から距離がありますし、子供が音量を上げれば親も気付きます。

耳の中に入れないので耳の中が傷つくこともありません。

耳を塞がないので周りの音や親の声が聞こえるのも安心です。

コンパクトで持ち運びしやすい

AirPods Proと比較するとこんな感じ。ちょっとスリム
厚みは結構ある

Keypal i20はワイヤレスイヤホンなので、ヘッドホンや骨伝導イヤホン(ネックバンド)のようにかさばりません。

ケースに入れるとちょっと厚みはありますが、持ち運びしやすいですし、ケースで充電できるのも便利です。

耳のサイズを気にしなくていい

インナーイヤホンだとイヤーピースの大きさが気になりますが、イヤーカフ型なら子供でも大人でも同じもので大丈夫です。

子供だとズレてしまうかな?と買う前は心配でしたが、小学校1年生の息子でも問題なく使えています。

ずれることもないですし、つけることを嫌がることも痛がることもありませんでした。

まとめ|子供用に空気伝導イヤホン(イヤーカフ)を購入!音漏れする?デメリットは?【口コミ】

空気伝導イヤホン(イヤーカフ)Keypal i20のメリット・デメリットをおさらいすると以下の通り。

メリット
デメリット
  • 耳を塞がない(耳のトラブル予防)
  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • 耳のサイズを気にしなくていい
  • 音漏れする
  • マルチボタンの感度が良すぎる

耳を塞がないから普通のイヤホンでなりやすい外耳炎なんかを予防できるのがいいですね!

親の声も聞こえるし、子供にはピッタリなのではないでしょうか。

どなたかの参考になれば幸いです^^

タップできるもくじ